2014年07月21日

今年の帰省土産

日糧のチーズ蒸しパンラスク!

140720-1.jpg
普通のラスクより肌理がめちゃ細かい。(フランスパンvsチーズ蒸しパンですものね)
味や香りはまんまチーズ蒸しパン。好きだわコレ。(*^_^*)

軽いし、安いし、こりゃ良いね!
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

上川ぐるり_140715

連日出かけます。
そんなこんなで今回の帰省は短かった!家にいた感じがしない。笑。


140715-1.jpg
北海道ガーデン街道の8つ目のガーデンとして、昨年プレオープン、今年本格オープン…だっけかな?
結論的に言うと見応えを感じるようになるにはまだ何年もかかるだろうね、という事。特に森の方は。
ウチの近所の緑道でも新しく追加された部分はできてから約4年半だけれど、やっと馴染んできたのは3年もたってからだもの。


140715-2.jpg
森の花園。
デザイナーは上野ファームや風のガーデンの上野砂由紀さん。

140715-7.jpg
植物の成長とともに密度も濃くなって、庭全体見応えも出てくることでしょうね。

↓ で、こっちが森の方。

140715-3.jpg
森の迎賓館。
笠康三郎さんデザイン。その筋では知らない人がいないくらい有名な方らしい。
個人的には草花よりも森の方が興味ある…のだけれど、コンセプト的に実はわたしの好みとはちょっと違うのかな〜と思わなくもない。(^_^;)

一巡したくらいで雷鳴って激しく降ってきた!
建物に入って待機。


140715-4.jpg
雨宿りがてら園内のカフェにてソフトクリーム食べる。前日食べたカウ&カーフはミルク寄り、こちらはクリーム寄り。ワッフルコーンは好きだ。

140715-5.jpg
貸し出してくれる傘。


行者ニンニクとかあってウケた。(^_^;)

建屋入口のあたりにパネルがあって(↓こーゆーのが3枚程並んで立っている)咲いている花の紹介がなされているのだけれど、覚えきれるわけもなし。かといっていちいち植わっている所に看板立てるのも美観的にどうかという事なのだろうなぁ。
140715-6.jpg
名前やその他の情報とか検索かけられやすい専用アプリとかあったらいいのにね。
せめてHPやfacebookの頁がもっとリアルタイムで充実していればいいなと思うのだけれど、予算や手間がかかり過ぎる?


140715-8.jpg
先日(この記事書いているのは9月半ば)母と電話で話していて「赤とんぼが出てきた」という話をしていたの。
小さい頃は草っはらを赤とんぼの群れが大量に行き交う光景などよく見ていたけれど、今はとんとそういう風景も見かけなくなったね。まあ、今住んでいる地域がそういう場所じゃないだけかもしれないけれど。


140715-9.jpg
ガーデンレストラン&ヴィラという建物が森のガーデンを出て丘を上がったところにあります。(レストランは「フラテッロ・ディ・ミクニ」。一応三國さん自身がオーナーシェフ…?)
森のガーデンに来たらここも行ってみると良いですよ。いきなり眺望がひらけて思わず声が出ました。天気が良ければ稜線もくっきりしたのでしょうが、残念ながらこの日は雨まじりの天気。でもそのおかげで麓に霧が立ち込めてそれはそれで神秘的で良かった!

上の画像はレストランの駐車場あたりから撮った物。正面は大雪山。
そこから歩いて更に丘の上に行くと展望台(…台?)があります。


140715-13.jpg
映画自体はわたしは全然知らないのだけれど。

140715-10.jpg
「シェーン、カンバーック!」とか言ったら、違うと兄に笑われた。

撮影時はオープンセットを組んでいたらしいけれど、保存もメンテもできないという事で、画像にある門と看板以外は撤去されていました。

140715-12.jpg
これも撮影時の物?

まずここに来るまでの道がすれ違いも出来ない細い砂利道で、本当にこっちで良いのか?と不安になる程誰も居ない!何もない!
これは除雪車も入らないだろうし、そりゃ保存は無理だろうねと納得の場所でした。

いや、もう森のガーデン自体が道路の舗装はされているけれどやっぱり何もない所で、冬はどうするんだっていうような所ですから。
調べてみたら冬のアクティビティに特化するらしいですね。雪質は良いだろうけど。
いやしかし、圧雪車体験って面白そうやん。笑

今回のコースはこんな感じ ↓
140715.jpg
行って帰って約100キロくらいかな?
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

旭川ぐるり_140714


140716-1.jpg
直径7〜8mmくらい?ちっちゃいよ。

さて、前日の道東行にてソフトクリームに心惹かれながらも食べられなかった雪辱を果たすべく、またまたドライブに出かけました!
「せっかく北海道観光に来たからにはソフトクリーム食べなきゃ!」と騒いだら兄が連れて行ってくれた。
たまに帰省するだけのお客さん扱いなので、わがまま言い放題。笑。


わたしはそういうの疎いから人に聞いたのそのままなのだけれど、江丹別の青いチーズはJALの国際線ファースト&エグゼクティブクラスに採用されたとかで一気に有名になったらしいです。

140714-01-9.jpg
それを作っているのが伊勢ファーム。そこの売店がカウ&カーフ…で合ってる?(^_^;)

140714-01-1.jpg
もっと大きなサイズもあったけれど、こんなに晴れて暑い風のある外で食べるのは「融けるぞ危険」。笑。カップで買えばまだ良いのか?
風向きによっては隣接する牛舎から「香ばしい」匂い(←)がしますが、これもまた趣というものでしょう。笑。

景色、綺麗っす!

140714-01-6.jpg
江丹別のあたりって、やけに綺麗な牧草地なんだな〜。


他にも秘密の隠れ牧草地っぽい写真撮ったはずなのだけれど、何故か残っていない。
おっかしーなー??


砂利道って走っていると耳の中が(振動で)痒くなってくる。笑。

140714-01-3.jpg
画面中央を流れているのは石狩川。架かっている橋の道路は旭川新道。
標高253mだそうです。お、サンシャイン60(239.7m)より高い。←意味のない比較。

空気中の水蒸気が多くて、天気は良いけれどけぶっている感じ。盆地なのでぐるりと山に囲まれているのだけれど、それすらうっすらしか見えていないものね。

140714-01-4.jpg
うーむ。さすがにわたしの母校は判別できないなぁ。



140714-01-2.jpg



140714-01-5.jpg
別の機会に至近距離で嗅いで見た所、単体ではそれ程匂わないのですが、付近の空気が明らかに甘い程かなり群生しています。
嗅覚鈍いわたしでも分かる程のユリの甘い匂い。

【後日談】
8/18公園内でヒグマの形跡発見⇒入場制限だって。(^_^;)
既に解除されているし、詳しいエリアは調べていないけれど、思った以上に「山」だったらしい。

さて、下山。
ついでにちょっとその辺を車で回ってくれました。サービスサービス。
140714-01-7.jpg
ここら辺も綺麗ねぇ。柵なんかも小奇麗な木製(に見える)で意識的に生活感排除している感じ。
牧草地ってきっちり刈り込まれているから芝生のよう。しかもここらって色合い明るくない?

この辺りには『若者の郷』というエリアがあり、キャンプとか農業体験とかできるそうな。(初めて知った!)
車でそこをぐるりと流してくれたのだけれど、手入れが行き届き適度に起伏のある道を行くのは面白かったです。
…どれ程の利用者がいるのだろう…?とは思ったりしましたが。

【余談】

わたしは行っていないのだけれど、両親が行った時の『苔の洞門』(支笏湖洞爺国立公園)の写真もみせてもらいました。
その頃はずっと奥まで行けてそれは見事だったのだそうですが、その後平成13年に一部が崩落し一般客は奥に入る事ができなくなっていました。
それが先日の大雨で地盤が更に緩んだのでしょうかね?9/12に大規模な岩盤崩落が発生し、今年はその入り口付近での観光さえも絶望だとか。

苔だからなぁ。ちょっとした環境の変化にも維持は厳しそうだし、いっそのこと完全封鎖しても保護は難しいのではないかとさえ思っちゃうのですが。
観光資源として切り捨てるのは惜しいのだろうなぁ。

トドワラ見ても、青い池とか、神の子池とか。廃墟の羽幌炭鉱とかさえも、色々な要因があって観光資源の確保ってのは難しいものですのね…。

ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

道東ドライブ_140713 その2


140714-6.jpg
本当に道路が1本通っているだけ。でもポツポツと建物はあったりして。これは冬大変だ。冬場は内陸側へ移動するのかな。
留萌や宗谷の海岸線を見た時も思ったけれど、こんなに過酷な所でもあえて海の際に居を構えるのだねぇ…。


140714-7-1.jpg
ナラワラ=立ち枯れのミズナラ。

140714-7.jpg
ナラワラは近くまで行けないので、これがやっと。
相当遠いのですが、これでも帰りの頃にはすぐそこまで海水が来ていました。

140714-8.jpg
天気は良いのだけれど、寒いです!
やってきた方向を見やると霧が出てきています。

ナラワラの所から野付半島ネイチャーセンターまで1km程行くだけで、もう辺りは霧が立ち込めていました。

140714-9.jpg
国後島まで16kmなのですが、全く見えず。水平線すらもよく分かりません。

ネイチャーセンターからトドワラまで、見渡す限り原生花園の延々続くバラ(ハマナス)の茂み。
トドワラの入り口まで未舗装の細い一本道を片道約1.3km(徒歩約30分)、黙々と歩きます。

ここに来ても鞭打つ鬼妹なワタシ。苦笑。


14714-10.jpg

姿は見えないけれど、ひっきりなしに小鳥のさえずりが聞こえます。
すれ違う人とは自然に挨拶を交わす、不思議。

140714-17.jpg
そしてトドワラ。
立ち枯れた木は倒れ、朽ち、徐々に草地に代わってきているそうで、
イメージしていた荒涼とした風景ではなく。


刻一刻と朽ちてゆくから。
「青い池」も立ち枯れの木はどんどんなくなってくのだろうなぁ。
昨年行った羽幌炭鉱も廃墟だから、これまた年々崩壊が進んでいるみたいだし。北海道は冬が厳しいだけに、内地の物よりもいっそう早いと思われ。

140714-12.jpg

140714-13.jpg

140714-15.jpg
直接降り立つことはできないので、木製の通路を渡っていきます。高い所は結構高い!人の背の高さ位もあったかと。風も強いし、それ程幅員もないので気を付けて歩きます。
しかしこの橋、かなりアップダウンがあるのは何故なのでしょう。今はもうないけれど昔は何かあって、それをを避けるようにしていた…とか?

140714-14.jpg

140714-16.jpg
対岸からの観光船の船着き場への桟橋。


140714-18.jpg
はっきり言って、怖かったです。
単に誰も居ないというだけではなく、ちょっと異世界に迷い込んだ感もあって、兄が一緒だったから面白かったけれど、独りだったら先までは行けなかったかも。

『幻の街キラク』の事を思い出しましたよ。
まあ、キラクが実際あったというのはこちらではなく、もっと半島の先の方なのですが。一般車両はその手前にある灯台までしか行けず、それ以上歩く体力も時間もなく。というか、霧のため灯台すら視認できず。笑。

140714-11.jpg
ハマナス、ハナショウブ、ハマエンドウ、エゾカンゾウ…ほぼ低木ばかりなのは環境が厳しいせいか。
所々にポツンとある木は何の木なのか。


140714-20.jpg
@野付ネイチャーセンター。これで980円。安い?高い?

ホッカイシマエビの漁はなんと前日まで。でもまだあるというので頼みました。5尾?くらいで1000オーバー。
140714-19.jpg
うむ。比べたらジャンボホッキステーキ丼はコスパが良いのではないかと。笑。
地元のおばちゃん達がやっているお店らしいのでスマートな客あしらいには程遠く。いや、暗算できないなら計算機使ってくれ。ってか、そのレジは飾り物か。笑。

あ、ここで「オランダせんべい」なるものをお土産に購入しました。
山形のお土産でもらう「オランダせんべい」は塩味の薄焼きせんべい(米菓)だけれど、根室の「オランダせんべいはそれとはまったく違って小麦粉でできたお煎餅。シナっこいワッフルコーンみたいな。見た瞬間「これ、絶対わたし好きだわ」と思った。
食べてみた感想は、うん、食べる前に想像した通りの物だった。職場の人も本当にそう言っていた。笑。


140714-21.jpg
道路の西側の橋梁。
車と比べても大きいのが分かるよね?「でっけー!」ってやけに興奮しました。

140714-22.jpg
こっちが東側。
緩くカーブを描いているのが分かるかしら?元は10連アーチ橋だったそう。
通称、越川橋梁。登録有形文化財。Wikkiによると、鉄筋は使われていないそうですよ??
戦時下の過酷な労働を伝える歴史遺産でもあるそうです。(11名亡くなっているとか)

140714-23.jpg
地図上、ポイントの両側白い点々が橋梁だと思われ。道路を通すのにぶつかる部分のみ切り取って撤去、それ以外は残したままという事?なんちゅーアバウトな。笑。
かなり大きな橋なので橋梁の下、アーチ部分に上手く車線を通すって事は出来なかったのでしょうかね、と思わなくもない。


帰宅は11時過ぎでした。
野付ネイチャーセンターでホッキ丼食べたくらいで(しかも4時過ぎに)、夕食は旭川帰ってきてからすき屋に行ったという、あいかわらずの非ぐるめツアー。
強行軍だったのもあって、尚更ね。(^_^;)

ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道東ドライブ_140713 その1

今年は道東にドライブに行ってきました。

ルート_140714.JPG
今回のコース。出発〜神の子池〜裏摩周展望台〜開陽台〜トドワラ〜第一幾品川橋梁〜帰宅。地図上でざっくり700km。他にもウロウロしたりしてるので、実際はもっとね。
ドライバーは兄一人。これを日帰りで行ってきたと言ったら友人に「鬼」と言われた。笑。

140714-1.jpg
途中、白滝で買った北海道限定「い・ろ・は・す ハスカップ」。ほんのり甘くて美味し。
今回は長距離遠征なので、途中トイレ休憩に止まるくらいでとにかく先を急ぎます。
ちょとぱらついたせいもあり、ここら辺では寒さに震えた。

で、さっくり神の子池。
メインの道路から離れ2kmも砂利道を行く。観光客の行き来が結構あるからまだしも、そうでなければ不安になるレベル。
駐車場からはすぐなんだけれど、いきなり「熊注意」の看板あるしなぁ。(^_^;)

140714-2.jpg
摩周湖の伏流水という言い伝え(!)とか。←確認はされていないのか。笑

140714-3.jpg
水温が低いので(年間を通して8℃)倒木も腐らず、流れ込む川もなく、透明度が高く水深5mもあるようには全然見えません。
この画像で見ると、まるでゼリーでできたかのように見えません?


140714-4.jpg
裏摩周展望台より。
昔は晴れの摩周湖を見ると婚期が遅れると言ったらしいが、どちらにしてもウチの兄妹の場合既に手遅れだからねぇ。笑。
風はひんやり爽やかなのだけれど、とにかく猛烈な日差しで焦げるようでした。(実際日に焼けた)


訂正。開陽台です。(^_^;)
140714-5.jpg
地球が丸く見える…という事なのだけれど、それは地平線が曲線という意味なのか、360度という意味なのか。笑。

割と平らな所を延々と走り、こんな所に展望台があるのか?と思ったりもするような所に忽然と現れる展望台。登る道すがら景色が開ける感じがまた宜しいかと。

先を急いで野付半島に向かいます。
日が暮れる前に着かなくてはいけないので、結構焦ってきています。(^_^;)
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。