2011年07月18日

『海がきこえる』 からの

110716-3.jpg
アニメージュ1990年2月号より 連載第1回表紙
『海がきこえる』を今回の放映で初めて視聴。原作も読んだことなかったもんなー。
(↑ しかし上記画像にあるように、雑誌掲載分は全部持っている)

先の展開が読めるストーリーだけれど、丁寧に造られていて飽きないのな。
…と思っていたら、監督望月さんかー!!笑
ううう。『魔法の天使クリーミィマミ』観ようっと。

110716-4.jpg
このあたりのラインが時代を感じさせる。懐かしいっす!!
今はヒップハングだし、パンツ・インもしないもんねぇ。(^_^;)

ちなみに里伽子の東京のBFを、原作では「ジャニーズ岡田」と主人公が呼んでいてちょっと笑っちゃった。
あ、そう言えば。何の役なのか知らないけれど『コクリコ坂から』にカザポン出ているんだってね。風間俊役は岡田だけれど。笑

それにしてもこの『海がきこえる』、EDのカットが良いなぁ。なんだかドキドキする。
こういうトキメキってイマドキの美麗(笑)なイラストを見てもなかなか感じられないんだけれど、何が要因なのだろう…?
多分、あだち充の『SEASON』という作品が好きなのと同じ根っこなのかな?

ショートプログラム~ガールズタイプ~ (少年サンデーコミックススペシャル) [コミック] / あだち 充 (著); 小学館 (刊)
あだち充『SHORT PROGRAM −GIRL'S Type』
『SEASON』収録。たった6ページですが、この作品のために買った!笑

ラベル:マンガ TV
posted by あくろうす at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。