2012年05月27日

Little Piano vol.3−2回目

先週の土曜日、5/19は白寿ホールで新居昭乃弾き語りツアー Little Piano vol.3へ行って来ました。

set listはアンコールのリクエスト曲が
印象
ターミナル
WANNA BE AN ANGEL
小鳥の巣
美しい星
…だった事以外は前半の白寿ホール公演と変わりなし、かな?
最近は「より多く記憶して帰る!!」という気概に欠けている…。苦笑。

なので、印象に残ったエピソードを2、3点のみ。
・『Fly Me Above』は松田聖子ちゃんにプレゼンをかけようかと思った曲らしい。「多分全然違う曲になると思うんですが。でも自分で歌ってしまいました。」ってね。
いや。うん、確かに松田聖子ちゃんの声で脳内再生できるかも。苦笑。
・新しいアルバムは「丁度わたしのファンの人数分売れた」そうで。ファンクラブの会員数と同じくらいって事なのかな?
今、会員数どのくらいいるのかしらね。何枚くらい売れたっけ。
ファンの数だけ売れて「それ以外は知らない」って。「ファン」か「存在すら知らない」かっていう2択も凄いな。笑
・ ↑ 「それで良いっちゃいいのですが」。 ↓ 後述 。
・わたしの視界の中、丁度昭乃さんの横になる席の方。1曲目1コーラス目から舟を漕いでいて「寝付き早っ!」とか思っていたのだが…。『Reve』になった途端いきなり1拍目からノリノリで手拍子を入れていた。しかも親衛隊のコールよろしく、口元にて手を当てて追っかけコーラス(勿論フランス語)もしていた。なんだか感心してしまった。苦笑。

↑ 「それで良いっちゃ良い」について。
なんだかねー。昨年のV6の『Sexy.Honey.Bunny!』の時に強く思った事を思い出したのですよ。

『Sexy!〜』はTVで見た時にははっきり言って微妙だと思ったけれど、というか迷走??って感じに思えたけれど、実際コンサでは凄く盛り上がって楽しくて、結局ファンとしては嬉しい曲になったなと。
今更ミリオン狙って欲しいとも思わないし、一般向けにアピールする当たり障りのない曲出されたり、過去の栄光的な似たような曲を出されるよりそれで良いなって、満足。

実際固定ファンをガッチリつかんでいるのは強いと思うし、そしてそのファンを逃さない、飽きさせないっていうのも大変だと思う。常に一定の活動を続けなければならないし、ある意味長年のファンの要求はレベル高いし。

昭乃さん自身も言っていたけれど、長年マイペース(←多分)で歌うお仕事をやってきて、定期的にライブしてアルバム出して。しかもレコーディングにしてもかなり環境が良い状態。

定期的なライブとアルバムはファンとして何より幸せな事だ…。
(V6の合それプラスたまにはTVで歌い踊って欲しい。で、コンサートはやっぱアリーナクラスでやって欲しいな。)
セールスについてはどれほどの物なのか知らないけれど、それができるっていうのも一定数が見込める固定ファンが居るからというのも大きいと思う。そして、時々やる提供曲などで新規ファンも意外と付いているみたいだし。
新規ファンが付かなきゃ、どうしても先細りになっちゃうものね。ターゲットの中心にファンは置いておくとしても、それだけに特化していたら巾がどんどん狭くなり活動も縮小していく事になるから、それではダメなんだよね。
とまあ、つらつらと思った事を思い出したわけですよ。

しかし昭乃さんの曲を聴いていていつも思うのだけれど、似たような曲って実はあんま無いよね。ライブ用アレンジで原型分らないくらいになっていようとも、イントロクイズができるよ。
(あれ?1音目で分っちゃうって事は、逆にクイズにならないって事??汗)



ラベル:新居昭乃
posted by あくろうす at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。