2012年09月23日

ベルサイユのばら展へ行ってきたよ

120922-3.jpg
松屋銀座店8Fで開催されている「ベルサイユのばら」展へ行ってきました。

凄い人・人・人…!!

開催日最後の週末っていう事もあるのかもしれないけれど、マンガ・ヅカ・アニメファンの熱気に中てられました。会場内は人熱きれで実際暑かった。汗。
入場してすぐ人波で詰まっちゃってるし、それが最後のコーナーまで続いて、グッズ売り場なんて長蛇の列で、最後尾のプラカードを持った係員が立っている位。
や、ジャニコンのグッズ売り場かと。笑

入ってすぐに宝塚の衣装(オスカルとアントワネット)と小道具(えっと、馬車の座席部みたいなの。何だか名前が付いていたが失念。)

そこから延々と続く本編の原画コーナー。ストーリー展開に合わせて区切りつつ、かなりの枚数(百枚とかそんな)が展示してありました。当時、本編カラーというものは意外と少ないそうで、ベルばらも1回だけだったとか(表紙除く)。2色刷りならもうちょっとあるのかもしれないけれど。

次が宝塚コーナー。
歴代ポスター(わたし的には76年頃の安奈淳・榛名由梨・鳳蘭とかが時代かな)、舞台セットや衣装のイメージ画、宝石箱・ヴァイオリン・シャンシャンなどの小道具。
衣装はオスカルやアントワネットなど4〜5着?
スクリーンには舞台の映像。フィナーレ?あの「♪あ〜い〜、それは〜」って歌。(ここで皆さん暫く立ち止まって見入る)

次はアニメコーナー。
設定資料(人物や、室内・建物などの美術設定も)、セル画など。
セル画はもう線が擦れてしまって、ちょい物悲しい。ハーモニー処理のあるなしも展示されていたし、紹介文で何と称していたか忘れたけれど、止め絵も。

次は「現在」ということで、ベルばらKidsの原稿。
すまん、ここらはさっくり通過してしまった。汗
外国で発売されているマンガの展示もありました。

次は作家さんによるベルばら作品。漫画家や人形作家、お菓子研究家もいたかな。
驚いたのはいのまたむつみ、川原泉、きたがわ翔、よしながふみなどの面々。紫堂恭子さんもいました。おお、ここにももんでんさんと久世さんが。笑
さいとうちほさん!それウテナやん。笑

最後はカラー原画。20枚くらい?
マーガレットの表紙に使われたものやポスター、読者プレゼント用の物など。
退色は意外としていないかも。印刷物と比べると艶があります。

筆箱やノートなどの当時のグッズや、フランスから送られたというレジオン・ドヌール勲章もここのコーナーだったかな。

展示会場を出たらグッズコーナー。
結構なスペースに文房具・お菓子・手ぬぐい・Tシャツ、グラスに缶バッチ、複製カラー原画に関連書籍、果てはオスカルの衣装まで…!確か10万円越え。
同じ商品があちこちに置いてあって、何となく雰囲気が東京ディズニーランドのショップに似ているなと。笑。
姫野さん作画のポスターも売っていました。

わたしは目録のみ購入。
目録の会計はグッズ列とは別で良かった。皆さん結構購入するようで(買ってどうする?コレクション??)、とにかくグッズ列は長蛇だったから。

120922-6.jpg
目録。でも一般書店でも購入可。2100円。
内容は展示品をかなり網羅していて、充実。(モノクロ原稿は物量的にも無理なのか。ってか、どうせ印刷物ならマンガ買えって?)

しかし、行ってみて。
実はわたし、ベルばらって立ち読みで1回読んだくらいなのよね〜。しかも中高生の頃。大昔。(^^ゞ
今更ながら、欲しいとは思っているのですが。

多分リアルタイムのファン層もわたしよりちょい上なんじゃないかな。会場見回した印象、漫画にしてもヅカにしても。
アニメはリアルタイムで観ました。結構夢中になったクチ。なので、一番反応したのが姫野さんの絵のポスターだったりする。笑

もしもEDイラストの展示があったりしたなら、かなり興奮したと思うのだけれど…なかったよね???
もし見逃していたのだとしたら、泣く。(T_T)

ラベル:マンガ 外出
posted by あくろうす at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。