2012年09月17日

昭乃さんPurple Planet

そーいえば、昭乃さんのライブについて書いていなかった事を思い出したです。

新居昭乃 LIVE 2012 Purple Planet
2012.08.05 18:00開演
於 文京シビックホール

【 SET LIST 】
Magic Garden
ハロー、ハロー
ガリレオの夜
喜びの竪琴
Fly me above
蜜の夜明け
ビーズ
深海の火
Tyrell
灰色の雨
Our Children's Rain Song
HAYABUSA
キミへ ムカウ ヒカリ
Saint Bleu
Sophia 白の惑星

<EC>
花かんむり
Happiness is here

【 所感 】
うーん。
実は今回のライブ、わたし的には良くなかったな、と。
昭乃さんのライブでドラムが入った編成って、個人的には良い印象がないのだ。今回もその上塗りをしちゃった感じ。

以上。

うわ、なんかすっごい淡泊。汗。

ラベル:新居昭乃
posted by あくろうす at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

Little Piano vol.3−2回目

先週の土曜日、5/19は白寿ホールで新居昭乃弾き語りツアー Little Piano vol.3へ行って来ました。

set listはアンコールのリクエスト曲が
印象
ターミナル
WANNA BE AN ANGEL
小鳥の巣
美しい星
…だった事以外は前半の白寿ホール公演と変わりなし、かな?
最近は「より多く記憶して帰る!!」という気概に欠けている…。苦笑。

なので、印象に残ったエピソードを2、3点のみ。
・『Fly Me Above』は松田聖子ちゃんにプレゼンをかけようかと思った曲らしい。「多分全然違う曲になると思うんですが。でも自分で歌ってしまいました。」ってね。
いや。うん、確かに松田聖子ちゃんの声で脳内再生できるかも。苦笑。
・新しいアルバムは「丁度わたしのファンの人数分売れた」そうで。ファンクラブの会員数と同じくらいって事なのかな?
今、会員数どのくらいいるのかしらね。何枚くらい売れたっけ。
ファンの数だけ売れて「それ以外は知らない」って。「ファン」か「存在すら知らない」かっていう2択も凄いな。笑
・ ↑ 「それで良いっちゃいいのですが」。 ↓ 後述 。
・わたしの視界の中、丁度昭乃さんの横になる席の方。1曲目1コーラス目から舟を漕いでいて「寝付き早っ!」とか思っていたのだが…。『Reve』になった途端いきなり1拍目からノリノリで手拍子を入れていた。しかも親衛隊のコールよろしく、口元にて手を当てて追っかけコーラス(勿論フランス語)もしていた。なんだか感心してしまった。苦笑。

↑ 「それで良いっちゃ良い」について。
なんだかねー。昨年のV6の『Sexy.Honey.Bunny!』の時に強く思った事を思い出したのですよ。

『Sexy!〜』はTVで見た時にははっきり言って微妙だと思ったけれど、というか迷走??って感じに思えたけれど、実際コンサでは凄く盛り上がって楽しくて、結局ファンとしては嬉しい曲になったなと。
今更ミリオン狙って欲しいとも思わないし、一般向けにアピールする当たり障りのない曲出されたり、過去の栄光的な似たような曲を出されるよりそれで良いなって、満足。

実際固定ファンをガッチリつかんでいるのは強いと思うし、そしてそのファンを逃さない、飽きさせないっていうのも大変だと思う。常に一定の活動を続けなければならないし、ある意味長年のファンの要求はレベル高いし。

昭乃さん自身も言っていたけれど、長年マイペース(←多分)で歌うお仕事をやってきて、定期的にライブしてアルバム出して。しかもレコーディングにしてもかなり環境が良い状態。

定期的なライブとアルバムはファンとして何より幸せな事だ…。
(V6の合それプラスたまにはTVで歌い踊って欲しい。で、コンサートはやっぱアリーナクラスでやって欲しいな。)
セールスについてはどれほどの物なのか知らないけれど、それができるっていうのも一定数が見込める固定ファンが居るからというのも大きいと思う。そして、時々やる提供曲などで新規ファンも意外と付いているみたいだし。
新規ファンが付かなきゃ、どうしても先細りになっちゃうものね。ターゲットの中心にファンは置いておくとしても、それだけに特化していたら巾がどんどん狭くなり活動も縮小していく事になるから、それではダメなんだよね。
とまあ、つらつらと思った事を思い出したわけですよ。

しかし昭乃さんの曲を聴いていていつも思うのだけれど、似たような曲って実はあんま無いよね。ライブ用アレンジで原型分らないくらいになっていようとも、イントロクイズができるよ。
(あれ?1音目で分っちゃうって事は、逆にクイズにならないって事??汗)



ラベル:新居昭乃
posted by あくろうす at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

本日購入_120403

ちゅーことで、早退しつつ本屋には寄った。笑。
目の前にはケーキと新刊マンガ。仕事の進行を考えると引っ掛かりはあるけれど、体調不良でもなく早退ってのは楽しいなぁ。痛し痒し。

サカタさんのおばけ屋敷―坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフル コミックス) [コミック] / 坂田 靖子 (著); ジャイブ (刊)
『サカタさんのおばけ屋敷 坂田靖子よりぬき作品集』
坂田靖子
エッセイ風の3本は初見。しかし次から次へ色々とネタ持っている人だなぁ。TVで見た事だけれどってネタも多いけれど。笑

TUKIKAGEカフェ@ (朝日コミックス) [コミック] / 川原由美子 (著); 朝日新聞出版 (刊)
『TUKIKAGEカフェ 1』
川原由美子
マンガ?童話のような、ここではない何処かの川原ワールド。

パーム (35) 蜘蛛の紋様 <6> (ウィングス・コミックス) [コミック] / 獸木 野生 (著); 新書館 (刊)
『PALM 35 蜘蛛の紋様6』
獣木野生
む。蜘蛛の紋様が終わってしまった。終わり間近?最終章のTASKってのはどの程度の長さな物なのかしら?
蜘蛛の紋様最終巻は、箇条書きみたいな駆け足みたいな構成だけれど、それなりに笑えてそれなりにしんみり。
ちっさなジョイがやけにかわいいなぁというのは余談。

さすらいエマノン(リュウコミックス) [コミック] / 梶尾 真治, 鶴田 謙二 (著); 徳間書店 (刊)
『さすらいエマノン』
鶴田謙二
河童の話はワイド版で既に持っているよ。むー。

中国嫁日記 一 [コミック] / 井上 純一 (著); エンターブレイン (刊)中国嫁日記 (二) [コミック] / 井上 純一 (著); エンターブレイン (刊)
『中国嫁日記 1』『中国嫁日記 2』
井上純一
ブログの方はずっと前からチェックしています。
年とか国とか価値観の違いっていうのは、うんと年上なだけに許容できるっていうのもあるのかなぁとも思ったり。全く違っていたらソレはソレ。逆にささいな違いの方が気になるとか、そういうのもあるかも。笑

ついでに
マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編 [単行本] / 萩尾 望都 (著); 河出書房新社 (刊)
『マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編』
この表紙!対談集なのに表紙買い。笑。
この頃の萩尾さんの絵が好き。萩尾さんの描く絵の美しさっていうのは、一種独特。

マンガ食堂 [単行本(ソフトカバー)] / 梅本 ゆうこ (著); リトル・モア (刊)
『マンガ食堂』
梅本ゆうこ
この本には載っていませんが、ブログに載っている『乙嫁語り』の「焼き飯」は参考にしました。
今までで特に「これは!」と思ったのは「Dr.スランプ」(鳥山明)のマンモスイチゴのショートケーキ!
ビジュアル最高!傑作!
ラベル:マンガ
posted by あくろうす at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

新居昭乃Little Piano vol.3

新居昭乃 live Tour 2012
Little Piano VOL.3

2012.03.03 18:00開演
於 白寿ホール

120303-1.jpg

続きを読む
ラベル:新居昭乃
posted by あくろうす at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

本日購入_〜120226

ずっと放置していたネタを…。
↓ 冬の帰省の間に読んだマンガ。…少なっ!笑
Z
シリアス作品として読むべきなのか、笑っていいのか、スタンスに悩む。

とめはねっ! 鈴里高校書道部 9
若い頃のおばあちゃんのとぼけた感じがよいねぇ。年取ると結構普通。笑

冒険エレキテ島 1
続刊。

銀の匙 2
農業高校が全てこんななのではないでしょうが、旭川のはどうだったのだろう…。うちの中学のすぐそばにあったのだけれど。笑

百姓貴族 1
マンガだし、多少盛っているところはあるんだろうなぁ。

↓ 昨年末からこっち購入したマンガ。
『サカタ食堂 おまかせ定食』
坂田靖子

サカタ食堂 おまかせ定食坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフル コミックス) [コミック] / 坂田靖子 (著); ジャイブ (刊)
描き下ろし以外で初見は『ティーブレイク』と『ひなまつりフェスタ』。
マーガレットとご主人の『プディング』大好き。そして坂田さんの描くクリスマス物にハズレなし。
しかし、『ライラ・ペンション』のコウさんのモデルって花郁さんだったのか…!

『コルセットに翼 10』完
もとなおこ

コルセットに翼 10 (プリンセスコミックス) [コミック] / もと なおこ (著); 秋田書店 (刊)
うーむ。この1冊で更に全体構成に疑問が。

『聖なる花嫁の反乱 〜亡国の御使いたち〜 8』
紫堂恭子

聖なる花嫁の反乱〜亡国の御使いたち〜 G (フレックスコミックス フレア) [コミック] / 紫堂 恭子 (著); ほるぷ出版 (刊)
エーレの外界が結構普通になってきたぞ。

『森薫拾遺集』
森薫

森薫拾遺集 (ビームコミックス) [コミック] / 森薫 (著); エンターブレイン (刊)
この表紙、他の作品を知らないでは決して手に取らなかっただろう。笑。裏表紙は黒い水着の人妻だし。まあ、人妻かどうかは絵だけじゃ分らないけれど。
『モードリン・ベイカー』が好き。(表紙左側のメイドの話です。)
『Manner House』のオマケは収録しなかったんだね。

『放浪息子 12』
志村貴子

放浪息子 12 (ビームコミックス) [コミック] / 志村貴子 (著); エンターブレイン (刊)
おおお、高校生になっちゃったよ。どこまで描くんだ?
ってか、出ているの知らずに、発売後3か月もたって購入。

『ガラスの仮面 48』
美内すずえ

ガラスの仮面 48 (花とゆめCOMICS) [コミック] / 美内すずえ (著); 白泉社 (刊)
うん。まあ、がんばって。(^_^;)
ラベル:マンガ
posted by あくろうす at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。