2010年12月27日

新居昭乃ライブ2010−THE Sounds of Aurora

THE Sounds of Aurora
日本橋 三井ホール
2010.12.25 19:00開演
2010.12.26 16:00開演

【set list】
M01 きれいな感情
M02 Monday,Tuesday
M03 Terminal
M04 LittleWing
M05 バニラ
M06 ハロー、ハロー(新曲)
M07 タイレル(新曲)
M08 ノルブリンカ
M09 Siva〜佇む人〜
M10 遥かなロンド
M11 Licao do Vento
M12 hayabusa(新曲)
M13 鉱石ラジオ
M14 覚醒都市
M15 WANNA BE AN ANGEL
M16 キミヘムカウヒカリ

EC01 虹
EC02 虹色の惑星
EC03 Princess of Winter

【衣装】
sound of aurora_2010.jpg

【ステージレイアウト】
sound of auroraセット.jpg

【購入グッズ】
101229_001.jpg
卓上カレンダー

101229_002.jpg
リキッドボールペンとブレスレット2種

続きを読む
ラベル:新居昭乃
posted by あくろうす at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

本日購入_101212

101211_001.jpg
ピンポーン。お荷物です。

『ライアンの娘』
坂田靖子

ライアンの娘 (fukkan.com) [単行本(ソフトカバー)] / 坂田靖子 (著); 復刊ドットコム (刊)

復刊ドットコムにて初単行本化。めでたい☆

ヘンな人を描かせれば天下一品?笑
登場人物は皆個性派ぞろい。ストーリー先行というよりも群集劇の舞台を観ているようで、この雰囲気は珍しいかも??

主人公ダバダバも変わっただけの子かと思いきや、結構苦労人?最終話、町の人に受け入れられたのは、嬉しかったんだろうねぇ。ちょっとホロリ。

ラベル:マンガ
posted by あくろうす at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

本日購入_101122

光ちゃんのソロコンと七人の侍、剛くんの金閣寺…。
溜りに溜まった今年の返金を全部受け取ってきました。
はー、スッキリ。

『ガラスの仮面 46』
美内すずえ
ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS) [コミック] / 美内 すずえ (著); 白泉社 (刊)
ブラック紫織さん全開。結構元気やん。笑

『やじきた学園道中記昭和仕立 八丁堀事始メ』
市東亮子
やじきた学園道中記昭和仕立八丁堀事始メ (プリンセスコミックス) [コミック] / 市東 亮子 (著); 秋田書店 (刊)
市東作品はもう買わないつもりだったけれど、やじきたコンビの馴初めって事で買ってみた。半分くらいのページ数でまとめてくれた方が、スピード感あって面白かったかもね。
しかし、やじさんのハトコの鳩子ちゃんに続いて従妹の糸子ちゃん…なんつー分りやすいネーミング。笑

『サカタ食堂』
坂田靖子
サカタ食堂 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミック) [コミック] / 坂田靖子 (著); ジャイブ (刊)
初見は『はまぐり』だけ、かな?あとは再録。
「はしやすめ」という名の書き下ろしエッセイにお得感。(*^_^*)

『王子の優雅な生活(仮) 3』
紫堂恭子
王子の優雅な生活(仮) 3 (ASAHIコミックス) [コミック] / 紫堂 恭子 (著); 朝日新聞出版 (刊)
ちょっとあっけなかったかも。
そして皆は幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし…ってか?

↓ 今日買ってきたのはココから ↓

『聖なる花嫁の反乱 6』
紫堂恭子
聖なる花嫁の反乱〜亡国の御使いたち〜 E (フレックスコミックス フレア) [コミック] / 紫堂 恭子 (著); ソフトバンククリエイティブ (刊)
この巻から新作。
色々謎の糸先が見えてきた感じ?

『坊主DAYS』
杜康潤
坊主DAYS (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS) [コミック] / 杜康 潤 (著); 新書館 (刊)
近所の本屋の「坊主フェア」(←笑)で見かけて気になって購入。
絵はヘタだ。25〜30年前のアニパロ作家の絵を彷彿。苦笑。
ネタは面白い。大笑いしながら一気読み。

『ちびねこ絵本』
大島弓子
ちびねこ絵本 (白泉社文庫 お 1-19) [文庫] / 大島 弓子 (著); 白泉社 (刊)
ふわんふわん。ちびねこ、かわいい。
作者が後書きで描いているように、夜寝る時に1〜2編ずつ読みます。(*^_^*)

ラベル: マンガ
posted by あくろうす at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

本日購入_101009

実はBPMの立ち見整列の時に読もうと思って購入したが、雨のためその日は結局読めなかったという。

『オリヒメ』
ふくやまけいこ

オリヒメ(CRコミックスDX/ふくやまけいこ作品集) (CR COMICS DX)


掲載雑誌が『ほんとうに怖い童話』だったので、なんとなくホラーだと思い込んでいました。ふくやまさんでホラーって『髪切虫』みたいな感じかしら?と。
まあ、全然違って、いつものほんわかふくやまワールドだったわけですが。笑

全26編の短編集。

『かまど』は市川ジュンさんの『キャベツ巻次第』とか『朱の群れ第2章 奔流の人』あたりのモチーフを思い出し。いやテーマもキャラも全然違うのだけれど、大正昭和の芸術家(文学)の妻っていう背景がね。笑
『ぬり絵』の絵柄がちょっと昔のふくやまさんみたい。サインペン時代の絵柄、好き。(*^_^*)
『歯医者』に出てくる大人達がみんな、ちゃんと子供の話に合わせてあげていて、良い人でほんわか。
『ヒマワリ』は、こうありたいねぇと思わせる。

ふくやまさんと同じくわたしも白黒映画の裾広ワンピやブラウス、好き。あの頃はみんな手作り、オーダーメイドなんだよね〜。昔みせてもらったウチの母の若い頃の服とか、とても良い味がある。

101102_001.jpg
母からもらったカットワークレースのコットンワンピース
おおお、50年も前の物だわ。糸も弱くなっているので、さすがにこのままではもう着れないかな。
(それよりも、ブログに載せるならアイロンくらいかけるべきだったか。汗)

ラベル:マンガ
posted by あくろうす at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

Fruits of Life

新居昭乃ViridianGardenParty 二千十年 葡萄節
夜の部へ行ってきました。
2010.10.23 18:30〜
於 DUO Music Exchange(渋谷)

101023_004.jpg

もう渋谷、人混み凄すぎて、まるで閉所にいるみたいな圧迫感。「イーッ」って叫びたくなる衝動に交差点で襲われた。苦笑

行ってみて気が付いたんだけれど、ここって昔のON AIR EAST?月の家ライブをやった。
あの時は最前だったけれど端でねー。クーラーがめちゃ寒かったんだよね。

101023_002.jpg
DUO Music Exchange
今回の会場も割と寒い(エアコンが入っていない?外気温に近い感じ)。
そして客席には700〜800φもありそうなぶっといコンクリートの円柱がででーんと4本もあって、見え難い事この上ない。
普通こういうのってホールは避けないか?変わった建物だ。笑。
キャパは着席で350名らしい。
座面にクッションのないパイプ椅子。長時間座っているのは難しい。
しかも背あてと座面の角度が緩くて、背筋を伸ばして座るとお尻が後ろからはみ出、角が当たって更に痛い。笑

今回のメニューは以下の通り
1.MC
2.遥かなロンド
3.Ekleipsis
4.仔猫の心臓(合唱)
5.MC
6.新曲
7.花のかたち(合唱)
8.虹色の惑星(合唱)
9.記念撮影
10.握手会

会場には衣装が4点展示してありました。
水の神殿
ソラノスフィア
ソラノスフィアのジャケ写の衣装(ライブタイトルは?)
sora no uta

sora no uta は冠もあった!じっくり見てみた。ムフー。

開演前、スクリーンにはlittle Pianoツアーの花の上に鳥がアニメートされている映像。開演後は静止画。
トークコーナーの時は過去の写真(HPのphotoページにある画像など)が映し出される。
握手会の時は月のガーデンのバックナンバー。

1.MC
挨拶およびFC発足の経緯等。FCのHPにある発足の挨拶に近い内容。
「デビューして10年経って、応援してくれる人たちへのお礼として一番良いのはライブと思って」egg-manライブがあった。「自分も緊張していたが、お客さんもすっごい緊張していた」
「そこからまた10年経って、だんだんわたしが皆さんに打ち解けて、(お礼としてではなく)わたしが皆さんの前で歌いたいと思うようになって」今年のlittle Pianoツアーがあった。で、仙台でお客さんが歌ってくれたエピソード。
「音楽やってきて、こんな感動にであったんだ」「皆さんの事をもっともっと知りたいし」「FCという形ができれば皆さんともっと直接出会える機会も増えるかな、と思って」
「25年経ってそんな心境になった」

うん。最初はライブの前半ボロボロだったものねぇ。(^^ゞ
ここ数年、その日その日の調子の善し悪しはあっても、以前のような「立ち上がり遅っ!」という感じはなくなって安心して聴けるようになった。(*^_^*)

2.遥かなロンド
仙台での思い出の曲。
CDよりも生の方が多少ビブラート強いのがちょっとね。(^_^;)
わたしノンビブラートの歌唱法が好きなんだよねー。

3.Ekleipsis
「普段ライブでやらないような曲をやろうと練習してきた」「(HPやツイッターで募集した)リクエストには全く入っていなかったけれど」
これ、本当に良かったー。(T_T)
透明感、半端ナイ。
って、ちゅーことはこの曲を今後ライブでやる可能性低いの?や、わたしは好きだよ、この曲。

4.仔猫の心臓(合唱)
「皆で歌うような曲ではないんですけれど」「さっき(昼の部で)歌ってと言ったら、結構ちらほら歌ってくれた」「知っている人は歌ってください」
タイトル言った時の観客の「あ〜」って低い声に笑う。
意外に人気曲。実はわたしはこの曲(あと、人間の子供とか)正直苦手。歌えるけれど。笑

5.MC
グッズリクエスト募集。ざくざく、出る出る。
サキちゃんがマイク持って走るが、皆てんでに言うもんで全く間に合わない。笑
結構やりとりが面白かったけれど、特に笑って覚えているのが。
観「楽譜!」
昭「何の曲?」
観「ワナビー!」
昭「菅野よう子さんに頼もう」「いくら出せばやってくれるかな」「莫大な金額請求されたら皆で割って(払って)くれる?」

あとホガちゃん大人気。スタンプだのシールだの、色々言われる。笑
観「パンフレット」「ホガちゃんシール」「レターセット」「まとめてクリアファイルに入れてください」
昭「クリアファイルに入ったパンフレットにホガちゃんシール、みたいな」
観「ボールペンも!」「クリアケースがいい」「会社で使う」
昭「ケースにもホガちゃん。笑」「ホガちゃん付きでも会社で使えるんだ。どんな会社!?」

観「昭乃さんが適当に撮った○○」(よく聞こえなかった)
昭「なんで適当!?わたしいつも息止めて撮っているのに!」
丁度バックのスクリーンに昭乃さんが携帯カメラを構えている写真が映っていて爆笑。

他には、FCでして欲しい事を募集。
「一人一人とツーショット」「何年かかるんだ」
「4〜5人でお茶」「これも何年かかるんだ」一人ボケ突込み状態。笑
昭乃さんは何やらみんなでオーロラを見に行きたいらしい。

来年はlittle Pianoツアーで沖縄に行きたいらしい。
「ツアー自体は3〜5月と考えているんですが、沖縄は梅雨に入ってしまうので7月くらいに考えています」って、これは来年の春にツアーがある宣言ですね!little Pianoツアーというのは「一人でできるもん!ツアー」のシリーズ名なのね。
何だか個人的に沖縄に縁があるなぁ。沖縄ツアーは大変だぞー、と思ったけれど、ジャニの巨大セットを使うコンサートじゃないので、まあ平気か。
(って、来年はさすがに沖縄には行きません。笑)

6.新曲(タイトル未定)
今朝の4時から5時に作った曲。
一回失敗して途中で止まる。そのタイミングがコントのようでした。(^_^;)
1回聴いただけではピンと来なかったけれど、『at Eden』なんかも最初はどうとも思わなかったけれど今は大好きだし、『Sailor』なんかもそうだから、CD化が成って聴きこみたいな。
本人いわく「ホガリくんが素敵にアレンジしてくれると思うので」←決定ですか?笑

7.花のかたち(合唱)
8.虹色の惑星(合唱)
スクリーンに歌詞が出てくれて安心。男性の声が強いので、混成合唱って感じで面白い。合唱コンクールみたい。笑
でも、皆で歌って楽しむという域に行くのはなかなか難しいねぇ。(^_^;)

9.記念撮影
サインカードの「Fruits of Life」の説明。
記念撮影は、これって写っているのかなーって感じなんですが。HPにアップされるらしいのである意味楽しみだ。(^_^;)
全編を通してカメラマンさんが写真を撮っていたのだけれど、シャッター音が大きくて閉口。歌の時にはタイミングを考えて…と言いたい。(-_-;)

10.握手会
進行はサキちゃん。小川さんがアシスタントに付いて、ポストカードを昭乃さんに渡していました。
自分の順番を待つ間、「月のガーデン」のバックナンバーが2巡した。(^_^;)

お話する時間はないとはいえ、無言と言うのもなんだよなー。何か気の利いた一言二言を言いたいなと、色々考えたのだけれど難しいよね。
折角至近距離なのだから昭乃さんをしっかり記憶に焼き付けたいのだけれど、常にひとつの事しかできないわたしには「話す+握手+ガン見」はハードル高くて。しかも実際本人の前に立った瞬間に言おうと思ってつぶやいていたことが全て真っ白に…!滝汗

「egg-manライブからです」「嬉しいです。」「待っていました。」これだけ言うのがやっとでしたー。号泣。
昭乃さんからは「菅野さんとかが居た?」「あの頃から…」とのお言葉。コクコクとうなずく自分。(←機転がきかない。泣)

しかもパニくっていて映像の記憶が殆どない。昭乃さんは思った通り小さいなー(昭乃さんはかなり高いヒールの靴を履いていたが、スニーカーのわたしが見下ろす高さだった)というのと、手がとても温かくて柔らかくて気持ち良かったという記憶。そんだけ。自分が両手を差し出したのかも覚えていない。

ジャニコンなんかでもリズム取っちゃうとそちらに気を取られるので、真剣に観る時は直立不動なんだよね。

…お前はアネサか!(←『アネサとオジ』高野文子。元ネタ知っている人いるのかな?)

101023_003.jpg
Fruits of Life(by昭乃さん)
あなたの人生が実り豊かでありますように!

ラベル:新居昭乃 レポ
posted by あくろうす at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。