2014年07月15日

道東ドライブ_140713 その2


140714-6.jpg
本当に道路が1本通っているだけ。でもポツポツと建物はあったりして。これは冬大変だ。冬場は内陸側へ移動するのかな。
留萌や宗谷の海岸線を見た時も思ったけれど、こんなに過酷な所でもあえて海の際に居を構えるのだねぇ…。


140714-7-1.jpg
ナラワラ=立ち枯れのミズナラ。

140714-7.jpg
ナラワラは近くまで行けないので、これがやっと。
相当遠いのですが、これでも帰りの頃にはすぐそこまで海水が来ていました。

140714-8.jpg
天気は良いのだけれど、寒いです!
やってきた方向を見やると霧が出てきています。

ナラワラの所から野付半島ネイチャーセンターまで1km程行くだけで、もう辺りは霧が立ち込めていました。

140714-9.jpg
国後島まで16kmなのですが、全く見えず。水平線すらもよく分かりません。

ネイチャーセンターからトドワラまで、見渡す限り原生花園の延々続くバラ(ハマナス)の茂み。
トドワラの入り口まで未舗装の細い一本道を片道約1.3km(徒歩約30分)、黙々と歩きます。

ここに来ても鞭打つ鬼妹なワタシ。苦笑。


14714-10.jpg

姿は見えないけれど、ひっきりなしに小鳥のさえずりが聞こえます。
すれ違う人とは自然に挨拶を交わす、不思議。

140714-17.jpg
そしてトドワラ。
立ち枯れた木は倒れ、朽ち、徐々に草地に代わってきているそうで、
イメージしていた荒涼とした風景ではなく。


刻一刻と朽ちてゆくから。
「青い池」も立ち枯れの木はどんどんなくなってくのだろうなぁ。
昨年行った羽幌炭鉱も廃墟だから、これまた年々崩壊が進んでいるみたいだし。北海道は冬が厳しいだけに、内地の物よりもいっそう早いと思われ。

140714-12.jpg

140714-13.jpg

140714-15.jpg
直接降り立つことはできないので、木製の通路を渡っていきます。高い所は結構高い!人の背の高さ位もあったかと。風も強いし、それ程幅員もないので気を付けて歩きます。
しかしこの橋、かなりアップダウンがあるのは何故なのでしょう。今はもうないけれど昔は何かあって、それをを避けるようにしていた…とか?

140714-14.jpg

140714-16.jpg
対岸からの観光船の船着き場への桟橋。


140714-18.jpg
はっきり言って、怖かったです。
単に誰も居ないというだけではなく、ちょっと異世界に迷い込んだ感もあって、兄が一緒だったから面白かったけれど、独りだったら先までは行けなかったかも。

『幻の街キラク』の事を思い出しましたよ。
まあ、キラクが実際あったというのはこちらではなく、もっと半島の先の方なのですが。一般車両はその手前にある灯台までしか行けず、それ以上歩く体力も時間もなく。というか、霧のため灯台すら視認できず。笑。

140714-11.jpg
ハマナス、ハナショウブ、ハマエンドウ、エゾカンゾウ…ほぼ低木ばかりなのは環境が厳しいせいか。
所々にポツンとある木は何の木なのか。


140714-20.jpg
@野付ネイチャーセンター。これで980円。安い?高い?

ホッカイシマエビの漁はなんと前日まで。でもまだあるというので頼みました。5尾?くらいで1000オーバー。
140714-19.jpg
うむ。比べたらジャンボホッキステーキ丼はコスパが良いのではないかと。笑。
地元のおばちゃん達がやっているお店らしいのでスマートな客あしらいには程遠く。いや、暗算できないなら計算機使ってくれ。ってか、そのレジは飾り物か。笑。

あ、ここで「オランダせんべい」なるものをお土産に購入しました。
山形のお土産でもらう「オランダせんべい」は塩味の薄焼きせんべい(米菓)だけれど、根室の「オランダせんべいはそれとはまったく違って小麦粉でできたお煎餅。シナっこいワッフルコーンみたいな。見た瞬間「これ、絶対わたし好きだわ」と思った。
食べてみた感想は、うん、食べる前に想像した通りの物だった。職場の人も本当にそう言っていた。笑。


140714-21.jpg
道路の西側の橋梁。
車と比べても大きいのが分かるよね?「でっけー!」ってやけに興奮しました。

140714-22.jpg
こっちが東側。
緩くカーブを描いているのが分かるかしら?元は10連アーチ橋だったそう。
通称、越川橋梁。登録有形文化財。Wikkiによると、鉄筋は使われていないそうですよ??
戦時下の過酷な労働を伝える歴史遺産でもあるそうです。(11名亡くなっているとか)

140714-23.jpg
地図上、ポイントの両側白い点々が橋梁だと思われ。道路を通すのにぶつかる部分のみ切り取って撤去、それ以外は残したままという事?なんちゅーアバウトな。笑。
かなり大きな橋なので橋梁の下、アーチ部分に上手く車線を通すって事は出来なかったのでしょうかね、と思わなくもない。


帰宅は11時過ぎでした。
野付ネイチャーセンターでホッキ丼食べたくらいで(しかも4時過ぎに)、夕食は旭川帰ってきてからすき屋に行ったという、あいかわらずの非ぐるめツアー。
強行軍だったのもあって、尚更ね。(^_^;)

ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道東ドライブ_140713 その1

今年は道東にドライブに行ってきました。

ルート_140714.JPG
今回のコース。出発〜神の子池〜裏摩周展望台〜開陽台〜トドワラ〜第一幾品川橋梁〜帰宅。地図上でざっくり700km。他にもウロウロしたりしてるので、実際はもっとね。
ドライバーは兄一人。これを日帰りで行ってきたと言ったら友人に「鬼」と言われた。笑。

140714-1.jpg
途中、白滝で買った北海道限定「い・ろ・は・す ハスカップ」。ほんのり甘くて美味し。
今回は長距離遠征なので、途中トイレ休憩に止まるくらいでとにかく先を急ぎます。
ちょとぱらついたせいもあり、ここら辺では寒さに震えた。

で、さっくり神の子池。
メインの道路から離れ2kmも砂利道を行く。観光客の行き来が結構あるからまだしも、そうでなければ不安になるレベル。
駐車場からはすぐなんだけれど、いきなり「熊注意」の看板あるしなぁ。(^_^;)

140714-2.jpg
摩周湖の伏流水という言い伝え(!)とか。←確認はされていないのか。笑

140714-3.jpg
水温が低いので(年間を通して8℃)倒木も腐らず、流れ込む川もなく、透明度が高く水深5mもあるようには全然見えません。
この画像で見ると、まるでゼリーでできたかのように見えません?


140714-4.jpg
裏摩周展望台より。
昔は晴れの摩周湖を見ると婚期が遅れると言ったらしいが、どちらにしてもウチの兄妹の場合既に手遅れだからねぇ。笑。
風はひんやり爽やかなのだけれど、とにかく猛烈な日差しで焦げるようでした。(実際日に焼けた)


訂正。開陽台です。(^_^;)
140714-5.jpg
地球が丸く見える…という事なのだけれど、それは地平線が曲線という意味なのか、360度という意味なのか。笑。

割と平らな所を延々と走り、こんな所に展望台があるのか?と思ったりもするような所に忽然と現れる展望台。登る道すがら景色が開ける感じがまた宜しいかと。

先を急いで野付半島に向かいます。
日が暮れる前に着かなくてはいけないので、結構焦ってきています。(^_^;)
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

旭川帰省_20140712

今年も世間より一足早く7/11〜7/20に旭川に帰省してきました。




しかし、いつも思う事だけれど旭川の水は体になじむのか肌の調子が良い。
お尻の皮膚がすべすべになるのだ。


140712-1.jpg
今年は大豊作。今後10年分くらい食べたかも〜。笑。
実家に滞在した10日間、毎日家族4人で毎日計ボール2〜3杯のさくらんぼを食べていたよ。
ラベル:日常
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

土産の話_20140705


夏場送ろうと思うと選択の幅が狭いのがどうもね。


結局色々買って家族とシェアした。
この店のはあーだとかあの店はこーだとか言い合って。比べて食べると千差万別。



その後偶然同じ店のゼリーを職場でいただく。
で、その際「食べたかった!」と力説したらもらっちゃった。笑

140803-1.jpg
これです!

中に桃がまるごと入っています。ずっしり重量感。なんと300gもありました。(計った)

140803-3.jpg
割ってみたらこんな感じ。
周りは果肉感たっぷりの桃のゼリー。

おいしゅうございました。(*^_^*)

ラベル:日常
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

旧小笠原伯爵邸_20140617

旧小笠原伯爵邸。
現在レストランとして営業しています。食事に行けば中には入れるけれど、庶民にはかなりお高い値段設定。
ランチで7000円だもんなぁ。まあ、行けてカフェかなぁ。

という事で、月イチくらいで募集する見学会に行ってきました。
好きに回ってください、写真撮影も可。椅子に座る事も出来ちゃうという自由さ。
しかも何やら撮影などに使われることも多いらしく、(多分ラルクファンと思われる)なりきり撮影会を始めていました。笑。

礼法の小笠原流の宗家ということもあって、建屋内には教場もありました。


140616-2.jpg
旧男性喫煙室で、今もやっぱり喫煙室だそうな。

140616-12.jpg
建物全体はスペイン風だけれど、この部屋はイスラム風。スペイン⇔イスラムって親和性いいよね。


140616-3.jpg


140616-5.jpg
立体的なせいかしら?

140616-4.jpg
エントランス庇。

140616-7.jpg
ステンドグラスもオススメポイントとか。
エントランス天井のステンドグラスは携帯では上手く撮れませんでした。

140616-6.jpg
グランドサロン。テーブルは当時の物とか。
テーブル奥の方に載っているのは設計図(青焼き)。平・立・断・矩計・詳細図と見ていて楽しい。

140616-8.jpg
メインダイニング、テラス席。

140616-9.jpg
2階VIPルーム。
皇太子ご夫妻来訪時の写真が飾られていました。

140616-10.jpg
締め。
タカノの宮崎マンゴーパフェ。

満足。(*^。^*)
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

急な出張_20140610


140610-1.jpg
バスで帯広駅に向かいます。
バス代1000円って「高っ!」って思わず言っちゃった。羽田→新横浜840円も結構高いと思っているけれど一応高速乗るしなー、距離的にはどんなもんなんでしょ。

しかし旭川へ帰ってバスに乗ろうとする時も思うけれど、交通系ICカード相互利用ができればなーと思う訳で。距離運賃制だから尚更。


140610-2.jpg
ちなみに帯広駅に来たのも初めて。


140610-3.jpg
夜というのもあいまって一瞬ぎょっとしたの。


一昨年行った時には通過して清水で牛玉ステーキ丼食べたからね。アレも美味かった!

今回豚丼を食べたのは『夢の蔵』。炭火焼が香ばしい。
塩豚丼とのセットメニューを頼んでみましたが、やっぱノーマルのが好み。


これは今でも激しく後悔。
製品検査に行ったりもしないので、鉄骨の継ぎ手をこんなに間近に見るのは初めてでした。これからもそうない経験。

同行者の打ち合わせのついでにちょっと雰囲気見てくる…程度の認識で行っちゃったのよ。でも実際は場内もガッツリとても丁寧に案内してくれて、わざわざ溶接の試験まで説明して見せてくれたの…!
帰る頃にやっと「これってもしかしてわたしのためにセッティングしてくれていた?」と気付いたという。
ちゃんと行く前に言ってよー!そうしたらデジカメ借りて持って行ったのに!携帯さえ持たずに行っちゃったじゃないか!

記憶以外何も持ち帰る事ができなかったよ。しかも、この記憶がザルときている。(T_T)
ラベル:外出
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

新居昭乃 Little Piano Tour 5th Anniversary Special Live

Ray of Earth
2014.05.24 17:30〜
於:松戸市民会館

【AS】
保刈久明(Guitar,Electronica)
藤堂昌彦(Violin)
繭子(Chorus)

【SET LIST】
01.Psi-Trailing(ソロ)
<MC>
02.少年の羽(ソロ)
03.小鳥の巣(ソロ)
04.城(ソロ)
<MC>
05.叶えて(with繭子ちゃん)
<MC>
06.魂の扉(withまーくん)
07.Moonlit Song(withまーくん)
<MC>
08.月の家
09.仔猫の心臓
<MC>
10.空の青さ
11.Reincarnation(ピアノ演奏なし)
12.凍る砂(ピアノ演奏なし)
13.Lost Area
14.OMATSURI(前奏はまーくんソロ)
<MC>
15.WANNA BE AN ANGEL
16.懐かしい宇宙(ピアノ演奏なし、手拍子。各人紹介パートあり、繭子ちゃんもワンフレーズメインで歌う)
<MC>
17. 砂の岸辺(ソロ)

<EC>
18.星の木馬
19.虹(ソロ)

Reincarnation〜凍る砂の演出が紗幕を使って面白かった。
『空の青さ』まで使っていたスクリーンが曲終盤で上昇し、それまでスクリーンに映っていた鳥がバックの幕に映る青空に移動(大空に解放)される。
その後ステージ前面の紗幕が下り、『Re〜』から2曲はステージ背面と紗幕とで映像の二重映し。
『RE〜』はWindows media playerのスキンみたいな感じ。
『凍る砂』はモノトーンの光の粒。夜光虫が波に光るような。下から立ち昇る。曲に合わせて、ステージ中央昭乃さんの周りで鳥が羽ばたいていくみたいな映像もあり。(『蟲師』の『囀る貝』での最後のシーンを思い出す)

『Re〜』のアレンジは前にやったのと似ている?(ちょっと機械音的な)
この曲は昭乃さんの歌唱としては珍しい程声を張って歌うせいもあり、曲の盛り上がりもあり、妙な緊張と興奮をもって聴く。変な顔していたと思う。(絵を描いている時にキャラクターの表情に似る…みたいな)

『Re』との対比なのか?『凍る〜』は割と抑揚はあっさり目に淡々と歌っていたような印象。それがまた良かったりして。

映像が消え真っ暗なステージを昭乃さんピアノに移動。そのまま『Lost Area』への流れ。
通常余韻が消えるまで拍手を控える昭乃ファン。パチパチと2・3拍手が入るがピアノの第1音で即座に止めるあたり、訓練行き届いている。笑。

『Lost〜』は2週間前の初聴きの時は、イマイチ特徴つかめなくてよく分からんとか思っていたけれど、何て事でしょう、今回既に判別できるくらいには覚えていた事が発覚。わたしもよく訓練されている。笑。
紗幕に映る巨大な地球とイトカワ的な星(っていうの?岩石みたいなの)が妙に平面的。紗幕使用はここまで。

1、2、4、6は初聴き。ZABADAK、聴いたことないから。4ってば凄い鬱曲。
あと、少年の羽は廃盤だし。(公式HPでちょっと試聴できるけれど)
知らない曲の曲名はよそ様のブログなりを参考に。今回わたしの隣の席の方がメモラーで、そういう方達の賜物ですね。わたしなんかは「この暗いのによく書けるものだわ」と思ったりして。ってか、いっぱいいっぱいでメモ取る余力はないから。汗。

前回5/10のリトルピアノ東京FMホールで言っていた「空から風が吹いて〜で始まる曲が2曲あって、どちらか分からなくなる」って今回やった『魂の扉』の事かと。
バイオリンの弦を弾く音が好き。

ぽつぽつと曲紹介はあるのだけれど、結構終盤に至るまで殆ど話さず演奏し続ける。
逆に『仔猫の心臓』の後だったか『OMATSURI』の後だったかに「あれ、こここんなに休む所だっけ?」と昭乃さんが言う。そういえば、まーくんがステージ上で水飲むの見て「珍しいかも?」とか思った。

衣装は今回のツアーのとは別のシンプルなタックフレアーワンピース。七分袖。
繭子ちゃんと同じデザイン。とは言え、繭子ちゃんの方が丈は短めで膝がかくれるぐらい、昭乃さんのはもうちょっと長め。繭子ちゃんは赤にかかとの高いパンプス。昭乃さんは青っぽい柄物に黒っぽいブーツ。(何でこの服に黒ブーツ?とか、そういえば前にも思った事あるなぁ)

会場は少し暑かった。昭乃さんもやたら汗を拭いていたのはそのせいか?緊張しているのか?
椅子がギシギシ。でも昭乃ファンは微動だにしないのでそんなに音が五月蠅くはならない。

老齢のご婦人とか壮年の男性とかいて、ちょっと今までない客層雰囲気。
逆に若い子少なかったような。
保刈さんいわく「今日(松戸公演に)来るのは昭乃のこと好きな人ばかり」だから、えーと、コアなファン集まっちゃった?(^^ゞ

posted by あくろうす at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 所感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆餅らぶ

140524-1.jpg
松戸駅。高架なのね。ペデから撮影。
常磐線って今まで乗った事あったかしら。むかーし、両親と旅行した時に使ったかも…ってくらいかな。
横浜方面から行くのは乗換えが多いので、気分的に行きにくい。
でもまあ、松戸あたりなら家から1時間半〜2時間弱くらいで行けるのだから、丁度たまアリ行くのと同じくらい。笑


3時半から1日160点(3個入)限定だそうな。
着いたの5時近かったし、ダメ元で探したらありました。(^O^)/


昔、kyotokyoに通っていた頃(1997〜98だがら、本当に昔だ!\(◎o◎)/!)にはよく買いに行って、舞台の合間に食べていたものでした。休憩時間が短いからおにぎりとか持ち込んで、荷物検査の時カバン開けるとやたら良い匂いが。笑。
2週に1度京都に夜行バスで通って土日の1日5公演を1日4回観て、出演するのは疲れるが観る方も疲れる。夕方は疲労困憊で「やっぱ疲れた時は餡子が効くわ〜」とか言いながら。いや〜、体力あったな。今はもう無理。笑


えっと、小学校の同級生ん家。(^^ゞ


140524-2.jpg
遠路はるばる運んできたのだろうから、やっぱ硬くなっているのよ。
でもこのエンドウ豆の存在感!たまらん。(^O^)/
ラベル:外出 日常
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

バラが咲いたよ3_20140515



140515-3.jpg
パット・オースチンも花もちが良ければいう事ないけれど、短いのよね〜。

140525-1.jpg
昨年は残念な結果だったマダムピエールオジェも今年は沢山咲いてくれました。この春は強風にやられて咲く頃にボロボロになってしまったし、カップが浅かったり小さかったりで形の安定感はないけれど、やっぱりかわいい。

どんどん伸びるので、賃貸バルコニー栽培のわたしとしてはちょっと怖いけれど。笑
ラベル:植物
posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

つぶやき_20140511












posted by あくろうす at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。